新着ニュース

南底でハワイ気分のディナー!(宵まつり)

 8月14日、夕方より宵まつりを開催しました。今年のテーマは「ハワイ」。

 昨年までと一風変わり南庭で緑や池を眺めながらのハワイ気分を味わう楽しい食事で、ロコモコやパンケーキなど代表格のハワイアンで取り揃え。中にはおかわりをする人もいて特にアサイーボウルが珍しいのか、美味しいと好評でした。

 食事後北側駐車場で昨年同様花火を楽しみ、最初は好きな手持ち花火で楽しみ、後は吹き上げ花火を並べて一気に点火!迫力に圧倒され歓声を上げ、今年も出勤でない職員も家族を連れて参加しました。

 トーカイフーズさんのご好意により過去入所で亡くなられた方々を想いつつ、あすかでお盆を過ごす利用者たちは楽しみました。



はつらつとスイカ割り!(納涼祭)

 8月10日、あすか夏の大イベント「納涼祭」を行ないました。

 連日の猛暑で参加者の体調に気遣いながらの開催で、自治会長の開会の言葉と共にはじまり、午前は職員が在籍しているフラダンスサークルの親子含め数名が来所し一緒に踊ってすごし、昼が近づき特別メニューの沖縄風料理でお腹を満たし、購入したてのかき氷機で作ったふわふわのかき氷を味わいました。

 午後は初の企画ではつらつ・とことこ・ぽかぽかの3班対抗スイカ割り大会で各班代表の3名の奮闘ぶりで盛り上がり、結果はつらつ班代表者がダイナミックな振りで1番早く木端微塵に割り、閉会式にみんなの前で表彰状をいただきました。

 納涼祭にあまり見られない顔ぶれも勢揃いし、賑やかで和やかな1日となりました。



偶然の母子対面も!(盆踊り)

 7月21・22日、地元の方々のご好意により千秋町の盆踊りに参加しました。

 1日目と2日目の2グループで出かけ、各々太鼓の音や踊りに夢中になり輪に入って一緒に踊る人もいて、文字通り地域に解けこんだ盆踊りを楽しみました。

 フライドポテトやみたらし団子などを飲食して気分を満喫していたところ、他の老人施設からも同様に参加されていて、偶然にも母子の対面という感動的なハプニングもありました。

 最後になりましたが、千秋出張所の方々にはお茶をいただきました事。並びに昨年に続き特別勤務で参加いただいたパート職員にこの場を借りてお礼を申し上げます。



ギター演奏でまったり!(デイキャンプ)

 5月18日、天の恵みとも思える晴れ間の中、年間行事のひとつのデイキャンプを家族会と共催しました。

 今年のテーマは「ほっこり和む CAFE 風メニューとバーベキュー」で、おいしい料理をたっぷり味わった後、ゲームやギターが得意な新人職員の演奏と歌を楽しみ皆まったりした気持ちになりました。

 家族会の方々の手際の良い調理でゆったりと食事ができ、皆のよいコミュニケーションの場となりました。

 後日、「楽しかった。料理が美味しかった。」などの声が聞かれました。



1,000株のつつじを鑑賞!(つつじ祭)

 4月28・29の2日間、強い陽ざしの中、浅野公園の「つつじ祭」に出掛けました。

 今年は咲く時期が早く、ピークは過ぎていたもののきれいに咲いた赤・白・ピンクの1,000株以上の花を観ることが出来、ブラスバンド演奏やキャラクターショーなども楽しみました。

 また法人内の事業所も出店していて、みたらし団子やあすかの製品も販売していました。

 売れ行きを聞くのを口実?に団子や他の店のたこ焼きなどを買い食いし、親しい人たちと旧交を温めるとともに地域のイベントを楽しみました。



味噌かつを堪能(セントレア)

 4月24日、天気は雨。皆でセントレアへ出掛けてきました。

 職員2名、利用者2名、家族の方1名と少人数でしたが、移動時間が約1時間半掛かったこともあり、ゆっくりすることは出来ず、着いて真っ先に構内の矢場とんで味噌かつを食べて腹ごしらえ。

 その後急いで飛行機を見に行きました。飛行機が好きな人たちには最高なロケーションでした。それからいろいろお店を周り、最後にデザートでジェラートを購入し食べました。

 帰りは名古屋高速が渋滞でヒヤヒヤしましたが、予定時間に戻ってくることができ、帰ってからも興奮が冷めませんでした。



ぴょんぴょんと足もとまで!(犬山モンキーセンター)

 4月16日、通所レジャー外出で「犬山モンキーセンター」に行ってきました。

 天候に恵まれ平日ですいていてつつじが咲きほこる園内を貸し切り状態で散策、気持ち良さそうにリラックスしてかけまわっている猿たちを見て楽しみました。

 シマリスのエリアでは飼育員が私たち観客の方にえさを投げるので、ぴょんぴょんと跳ねながら足もとまで来て間近に見られ、貴重な体験を出来ました。



ワゴンの車窓から(花見)

 4月1日、新年度の幕開けで恒例の花見に出かけました。

 今年は昨年とはうって変わって開花の時期が急に早まり予定を1週繰り上げての実施で、それが様々なハプニングを呼び起こしたようで、まず午前グループは駐車場が混雑していて、予定変更して木曽川の桜のトンネルを経て一宮総合運動場の桜を見てまわるドライブに変わり、江南から一宮周辺の桜を車窓から満喫して帰所しました。

 午後グループは午前の教訓を活かしコンビニで食べ物や飲み物を買い、一宮総合運動場で桜を見ながら食べ、お花見気分を味わいました。

 午前・午後両グループが交代で出かけ、それ以外の時間はあすかで外出を控えた人たちとDVD鑑賞でまったりとした休日を楽しむことができました。


あすかの「カー娘。」? 大会に挑戦!

 3月18日、「第21回 スポセン カローリング大会」が名古屋市障害者スポーツセンターで行われました。

 あすかのカローリング娘(?)3名で参加しました。1993年に名古屋市にあるベアリングメーカーが考案し、ストーンの代わりに用いる底面に3つの車輪がついた「ジェットローラー」と呼ばれるプラスチック製の円盤を開発。床で出来るカーリングとして普及したとのこと。カローリングの名は「軽やかにローリング(回転する)」として命名されました。

 今回は初めての挑戦です。大きな大会への参加でカローリングはもとよりジェットローラーなど協議用具を見ることすら初めてでした、あすか内で練習も行いましたがなかなか力や方向の加減が難しく、20回以上の実績を誇る他施設の前には付焼刃の無力さを味わいました。

 結果は、0勝3敗と残念でしたが、総合得点でも「ブービー賞」でしたが、主催者や長年プレーされている方々からも温かく見守って頂き、楽しむことができました。



スムージーは美味しい!(入所レジャー外出)

 3月13日、入所レジャー外出でイオンモール木曽川へ行ってきました。

 参加したのは医療的ケアが必要な利用者たちで、可能な場所も限られましたが4時間弱の外出を楽しめました。

 モール内は3月中旬ということで、学校を卒業した学生さんたちで賑っておりそれが良い意味で利用者たちには外出を感じる良い機会でした。

 昼食は通常の胃ろうという直接胃に液状の栄養を注入する他、スムージーのような生ジュースを無理のない量口から飲み、フルーツの甘さと酸味を美味しく味わい爽やかさに満足な表情いっぱいにしていました。

 その後、モール内を散策しながら洗顔クリームを買ったり衣料品をたくさんの中から選んで多数買ったりと、買い物を通して普段とは違う雰囲気を感じ外出を楽しみました。



低反発クッション限定発売

 はつらつ班では作業として自主製品を製作・販売しておりますが、この度新素材として低反発ウレタンをいただき、低反発クッションを発売しました。

 材料の都合によりかなりの少量製作となりますので、お問い合わせ等はお早めにお願いします。

 


工場で限定のケーキを味わう!(入所レジャー外出)

 2月27日、入所レジャー外出として美濃加茂にあるモンテールというお菓子の工場へ見学に行きました。

 雲ひとつない快晴に恵まれ、工場内を見学し案内のお姉さんに話を聞きながらロールケーキが巻かれているところや、カスタードが投入されて行くところを見て興奮しました。

 その後に工場で作られたプチシュー、プチエクレア、バームクーヘンを試食し、出来立てはいっそう美味しく皆ペロリと平らげ、その後昼食を食べに近くの美濃加茂アピタ内のフードコートで各々好きなものを選び食べました。

 普段見られないお菓子の製造工程を見たり工場直販&通販限定のバームクーヘンを味わったり、美濃加茂アピタで昼食をとるなど楽しい1日になりました。



毎年恒例!ロビーにおひな様出現

 2月18日、午後ロビーにおひな様が出現しました。

 あすかではこの時期になると豪華七段飾りのひな人形が現れます、開所当時の女性職員が持って来て飾り付けたのがきっかけでそのまま寄付していただき、以来ほとんど恒例になっていて、訪れる人々にも風物詩となっています。

 不思議なのは3月3日の夕方すぎに勤務上がりの女性職員中心に総出で片付けている様で、翌朝にはあとかたもなく消えています。

 女性職員の結婚はおめでたい事ですが人手不足の折、「寿退職」は管理者にとっては痛し痒しではないでしょうか。


「ゆめのか」は甘酸っぱい?(入所レジャー外出)

 2月13、入所レジャー外出の第2陣としていちご狩りに行きました。 

 職員2名に利用者4名という編成で、木曽三川の田園風景が広がる愛知県愛西市にある農園「いちご夢ファーム愛西」で、園内は車いすでも動きやすく温かい所でした。

 地元愛知県生まれの品種「ゆめのか」を完熟した摘みたての甘さで楽しむことができてバレンタインデーを翌日に控え、チョコレートソースも無料サービスで楽しむことができました。

 みんな夢中で園内での時間があっという間で、昼食は帰路テラスウォークで食べ過ぎたいちごの分きっちり調整?して食べました。「寒い時期だからこそ、暖かいハウスでイチゴを楽しむ事をおすすめします」と同行した職員。



イルカとアイコンタクト?(入所レジャー外出)

 2月6日、入所レジャー外出として名古屋港水族館へ行ってきました。障害者手帳提示で入館料減免になりあすかの外出ではよく利用しています。

 入館して1番に目に入ってきたのはシャチの水槽で巨大さにしばらく放心状態で見入り、次はサービス旺盛なイルカであすかのみんなの前を何度も行ったり来たりして、時々目を合わせあいさつしてくれました。

 その後、ペンギン等を見てまわる内お腹が空いてきて「アリバダ」という館内のレストランで昼食となり店内に熱帯魚の大きな水槽があり、優雅に泳ぐ熱帯魚をよそに食べる事に集中力の大部分を傾ける昼食になりました。

 帰路各自思い思いのお土産を買い、楽しい外出となりました。



大雪の日にカラオケパーティー!(入所レジャー外出)

 1月26日、入所レジャー外出の第1陣として夜来の大雪の中「カラオケ」に行きました。

 送迎車両も遅れる中あすかの歌好きメンバーはどこ吹く風ならぬどこ降る雪、カラオケボックスも大雪で他のお客さんが少ないせいか、車いす3名という事で偶々空いていた30人程度用のパーティールームに案内されその中に総勢5名というがらんとした雰囲気の中早速選曲へ。

 天候に感化されてか童謡「雪」やイルカの「なごり雪」等、雪の歌ばかりの出だしとなり松任谷由実の「サーフ天国、スキー天国」まで歌う人も出て、「ゆうひが丘の総理大臣」の主題歌や「太陽がくれた季節」と学園ドラマの思い出にひたり、参加利用者全員がオーバー50(?)でほぼ同世代の職員も尾崎豊の曲を入れ、普段の物静かさとの落差に驚かされました。

 パーティールームは明るくこれまでの暗くてコンパクトというカラオケボックスのイメージ通りには盛り上がらなかったものの、広く車いすを気にせず昼食をはさんで3時間歌いっぱなしでストレス発散にもなり楽しい1日になりました。



新年のお願い(初詣)

 1月2日、年明けの恒例行事となった真清田神社への初詣に出かけました。

 午前は天候にも恵まれ渋滞を避けるべく早めに出発したのが功を奏し、行きも帰りも反対車線の渋滞を見ながらスイスイ、参拝の後出店のなかを散策し帰所しました。

 午後はくもり風も出てきて時間的に渋滞の影響を受け、神社も人出が多く参拝に気を使いましたが買い食いなど楽しい初詣となり、出店のおやつを味わい初詣気分を満喫しました。

 担当職員の機転で出発時間をずらす等ファインプレーでしたが、例年利用している駐車場が今年はお願いしていた場所について伝達ミス等があったようですが、広い場所で乗降が出来利用者にとっては幸先の良い出だしとなりました。

 あすかにとって今年1年が良い年でありますように。



車いすで Shall we ダンス? (クリスマス会)

 12月22日、クリスマス会を開催しました。体調を崩している利用者が多く参加を心配したが、沢山の人が参加してとても賑やかな会となりました。

 午前はポテトサラダでリースを作る飾りつけコンテストで競い合い、昼食はパエリヤやパイ包み風スープなど、飾りつけたポテトサラダや欧風料理で美味しい美味しいとたくさん食べました。

 午後は車いすダンス「名古屋ビバーチェ」の方々を招いて車いすダンスを披露していただき、じゃんけんダンスなどで楽しみ最後には皆でAKB48の「365日の紙飛行機」の曲で手話をまじえて踊りました。

 そしてお待ち兼ねのサンタさんからのプレゼントの時間で途中コント風の偽物サンタの乱入があったものの無事本物のサンタからプレゼントを貰いました。

 今年最後の行事ということで1年を振り返り行事ごとの画像に職員のナレーションで、各々思い出話に浸りながら利用者・職員共々笑顔に溢れた素晴らしい会になりました。




名刺印刷1,000枚突破!(年賀状もよろしく)

研修を控えた職員の注文がきっかけで!

最初に作った名刺デザイン

 11月29日、はつらつ班で作業として作製している「名刺印刷」が「受注1,000枚」を突破した。

 昨年6月あすか職員から急に名刺が要るという話になり、はつらつ班ではパソコンが使える利用者が「年賀状」や「暑中見舞い」等メッセージカードの作製・販売や本HPの管理を行なっておりそのメンバーで作製。

 コスモス福祉会では他の2事業所が「名刺印刷」を行なっていて、バランスが心配されたが作業で作る内あすかの職員や「相談支援センター」のスタッフ達からも身近さから注文が来るようになり、1,000枚を超える受注を記録した。

 あすかは就労事業所と違い納期がはっきり決められない等ハンディがある反面、「QRコードやバーコードが入れられる」「デザインが気軽に希望に沿える」等を活かして続けており、「あすか名刺」並びに「メッセージカード」の今後に注目される。

 「ただ今はつらつ班では年賀状印刷を行なっており、2018年版は渋いデザインも揃っており名刺共々よろしくお願いします」と、作業をしている利用者たち。

多く選ばれているデザイン。

裏面に地図等も印刷します。


白の用紙でこんなカラフルにも。

裏面にメモ出来る様に。


2018年賀状印刷デザイン集



※:印刷はご覧の文面のみ。はがきはお客様でご用意下さい。

晴天で大盛況!(第28回コスモス祭り)

 11月26日、雨天の影響を心配したが「第28回コスモス祭り」は予報をも動かし晴天に恵まれました。

 おなじみの催し物と法人内事業所及び関連団体の自主製品販売や模擬店、それに一宮市のマスコットキャラクター「いちみん」やケーブルテレビ局アイ・シー・シーの「あいちゃん」などにも盛り上げていただき、毎年お世話になっている「CoCo壱番屋」も好評で殆どのブースが売り切れとなりました。

 100人を超えるボランティアさんのご協力もあり昨年とは一転しての祭り日和にも誘われ、好調で大盛況の中数千人の方々に来場いただきました。

 当日の片付後雨が降り始め「天が味方してくれた様でした」と主催側の職員、またご来場いただいた方々には「自主製品」買っていただきこの場をお借りしてお礼申し上げます。



近場のオアシス(入所日帰り旅行)

 11月7日、一泊旅行に参加できなかった方々が日帰り旅行で「刈谷ハイウェイオアシス」に行きました。

 天候にも恵まれ平日でも人出が多く、人気の観覧車も車イス対応ゴンドラが用意されていて、みんなで地上60メートルの景色を楽しみました。

 昼食は話題のピザを味わい併設のちくわ店などにも寄り名物を堪能し、「たこ棒がおいしかった」など現地でしか食べられない味に大満足しました。

 あすかから片道1時間ほどで行け、1日楽しみました。



第28回コスモス祭りのお知らせ

今年も楽しいコスモス祭りの季節がやってきました。

皆さんぜひ遊びに来てね♪

 

  • 日時:平成29年11月26日(日)10:00~14:30(雨天決行)
  • 場所:彦田公園(一宮市花池4丁目)
  • 内容:リサイクルバザー、模擬店、大抽選会、フリーマーケット、各施設授産製品販売、ステージ企画等盛りだくさん!!

 

詳しい内容(チラシ)は下記ををご覧下さい。

一球に泣く!(法人内ボッチャ大会)

 10月25日、コスモス福祉会企画部主催の「施設対抗ボッチャ大会」を行いました。

 開会式を行った後対戦相手の発表、あすかチームは第一試合でパレットチームと戦いました。最初は優勢でしたが最後の最後にパレットチームの素晴らしい一投があり、1回戦敗退となってしまいました。

 その後交流戦でコスモスチームと対戦し、先程の悔しさを思い出しながら全力で戦い、何とか勝つことができました。

 1勝することはできましたが悔しさでいっぱいなので、来年は勝ち進める様にしたいです。



食べたいなぁ!(入所一泊旅行10月)

 10月12・13日、第2弾10月の一泊旅行に行きました。目的地は「郡上八幡」と「花フェスタ記念公園」改め「イオンモール各務原店」。

 1日目は郡上八幡では各班に分かれて散策しある班は食品サンプル工房でサンプル作りを体験、本物と間違えるぐらいのリアルさで、知らずに食べる気になる人もいて楽しい体験でした。ホテルに着いて露天風呂など温泉を満喫し、夕食は郡上と言えば鮎!そのお造りや普段食べられない素材を味わいました。

 2日目は雨天で「イオンモール各務原店」に予定変更し、広い施設内で散策や買い物、上映中の映画の案内を見たりペットショップの子犬を見たり、昼食の店を選んだりして時間をすごしました。

 9月・10月とも天気を気にしましたが、日程の入替や行先の変更など機転の利いた判断で、良い思い出となりました。



出場した全員が完走!(車いすマラソン)

 10月1日、「あすか」から「第33回名古屋シティハンディマラソン」に利用者2名が出場しました。

 「あすか」からのマラソン参加は初のことで理学療法士(以下PT)の意見もあり、車いすの2名がエントリーしPT含め2名の職員と4名で好天の中、職員1名も応援で参加し久屋公園の周りを走りました。

 スタート直後のアクシデントに巻込まれながらも、職員とペアを組んだ2名は車道を閉鎖したコース上を完走し、400人を超える出場者中30位と31位という大健闘を果たしました。

 満車を避けようと離れた駐車場に停めたのが裏目になり時間がかかり、昼食の飲食店選びをしている内に昼時となり時間がかかってしまい、表彰式には出られなかったものの大々的なイベントに参加でき、参加メンバーからは「来年は1位で表彰式に出たい」という意欲的な言葉が聞かれました。



山頂からの絶景(入所一泊旅行9月)

 9月8・9日、今年も9月の一泊旅行に行きました。三重県の「なばなの里」・「御在所ロープウエー」で、前日まで天候が悪く心配しましたが当日は晴れ「旅行日和だ!良かった!」とほっとしました。

 「なばなの里」では季節的に花は少なく少し見栄えは物足りない感じでしたが、UFOの様なアイランド富士山が車いす対応なので乗る方もいて絶景を楽しむなど、園内をゆっくりとまわり過ごすことができ、宿泊は「片岡温泉アクアイグニス」で温泉に入り、夕食は有名シェフプロデュースの懐石料理で普段食べられない味に賛否両論でした。

 2日目は好天で「御在所ロープウエー」ではスタッフのはからいで予備のゴンドラをフルに出して特別運転をしていただき。職員の機転と労力で他のお客さん方にご迷惑をかけながらも無事に乗ることが出来て空中散歩を楽しみました。御在所山上公園では急坂で心身ともに悲鳴を響かせましたが、山頂での景色と昼食を楽しみました。

 今回の旅行ではアクシデントが多く、利用者・職員とも大変な思いをしましたが、楽しむことも出来る旅行でした。


沖縄料理でお盆気分(宵祭り)

 8月14日、あすかでお盆を過ごす方々のためにトーカイフーズさんのご協力で「宵祭り」を行いました。

 過去入所で亡くなられた方々を想いつつ、夕食を兼ねた特別メニューの沖縄風料理・ドリンク、元職員の差入れのアイスクリームなどを味わいグルメ気分を満喫しました。

 当日出勤でない職員も子供さん連れで駆けつけ和やかで楽しい時間を過ごし、最後は恒例の花火で楽しんで締めくくりました。




ドローンが飛び。そうめんが流れる!

 8月10日、あすか夏の大イベント「納涼祭」を不安定な天気がつづく中晴天に恵まれ庭まで使って行いました。

 ボランティアの特別ゲストの操るドローンに関心を持ち音声で操縦に挑戦する人もいて楽しみました。

 昼が近づき特別メニューの昼食で屋台風の味に大満足、そして流しそうめんが復活し庭に竹を一直線に並べ、流れてくるそうめんを取ろうと夢中になり、あすか特製のかき氷を味わいました。

 久々の流しそうめんや屋台の買い食い気分を満喫し、普段とは違った料理を味わい楽しい1日になりました。




スイカで「夏」を実感!

 7月28日、通所レジャー外出で大府げんきの郷に行きました。

 夏休みに入ったこともあり平日でも家族連れでにぎわう中広場を散策、屋台からのおいしい匂いに早くもお腹は昼食モード!

 食欲全開で昼食を終え休憩、果物等を見て季節感を感じながら涼み、中でも大きなすいかを見て目の当たりにして「夏」を実感していました。

 スイーツ店も多くカラフルなジェラートの中から楽しみながら選んで味わい、「利用者さん達のご家族とのお話をゆっくり聞く良い機会になりました」と同行した職員。


ダンシングヒーローで大盛況!(盆踊り)

 7月22・23日、地元の方々のご好意により千秋町の盆踊りに参加しました。

 1日目と2日目の2グループで出かけ、各々太鼓の音や踊りに夢中になり、かき氷やフランクフルトなどを飲食して盆踊り気分を楽しみました。

 最後になりましたが千秋出張所の方々にはお茶をいただきこの場を借りてお礼を申し上げます。



東山動物園へ行ってきました

 7月11日、通所レジャー外出で話題になっている東山動物園へ行きました。実際にどのように変わっているのかと利用者・家族の方、そして職員の合計12名でワクワクドキドキしながらの出発でした。

 園内が様変わりしている様子に驚きつつ入園、新しくなっているところと古いところもあり、以前とはイメージが大きく変わっていて現在は体重計や遊具が置かれていて、説明書きもより詳細で見やすい工夫などされていました。

 利用者や家族の方はキリンやコアラ、そしてゴリラ等を見て笑顔いっぱいで写真を夢中で撮ったり、鳴き真似をしたりして楽しんでいました。

 食事も食堂や売店がリニューアルされており、何を食べようか迷うくらいでした、結果全員和食で意見が一致しきしめんを味わいました。

 時間の関係で動物園のみとなってしまいましたが、東山動物園で楽しい一日を過しました。

星空に感動!(名古屋市科学館)

 6月27日、通所レジャー外出で名古屋市科学館へ行きました。天候に恵まれ到着してすぐ昼食となり併設のカフェで済ませ、屋外展示を見学している内にプラネタリウムの時間に。

 ギネス認定されているだけに中はとても広くゆったりしていて眠くなりそうでしたが、始まるとドーム型天井に映し出される満天の星空とナレーションで、圧巻で眠気など吹っ飛び引き込まれ、夢中になり星空の魅力を堪能しました。また静かにしているのが難しい方々は遮音室からきれいな星空を見ることができました。

 終了後は館内の展示を見学し、分かりやすく面白い解説が多く竜巻などについて体験しながら学べ、瞬く間に時間がすぎあすかに帰ってきました。

 今回メンバーが全員女性で終始会話がとぎれず、楽しくためになる1日を過ごしました。



鍾乳洞で探検気分?(通所レジャー外出)

 6月13日、通所レジャー外出第2弾「関ヶ原鍾乳洞」へ行ってきました。

今回は男性通所利用者3名と家族2名で、季節は梅雨とは言え好天で、暑さもあり、「涼」を求めていざ出発!

 車中も好きな音楽を聞きながら和気あいあいの道中で、車イスの方も通れるようになっており、普段はあすかで元気いっぱいのメンバーはまさしく探検家気分で鍾乳洞の中へ。

 中はすいていて貸切り状態で大きな声を出したり、びくびくしながら歩いたり、岩に気をつけながら進んだりと、とにかくいろんな体験をすることができました。

 食事も養老SAにて、ガッツリ好きな物を食べて心も身体も満足した1日でした。

同行した職員によると、「夏はぜひおすすめの場所です。」とのコメントでした。

 

講師を招いて車椅子ダンス(動画も掲載)

 6月4日、車椅子ダンスの講習会を行ないました。

 あすかの理学療法士(以下PT)の1人が趣味で社交ダンスをやっている事もあり、ダンスについても知識があり今回の講習会が実現しました。

 日曜の午後という事で参加出来る利用者は限られたものの車椅子ダンスを広く教えてらっしゃる講師の方をお招きし、車椅子ダンスについてのお話を一通り伺ってから実際に踊りながらのレッスンとなり大いに盛り上がりました。

 特に利用者の方は表情が普段よりもにこやかで、講師のダンスの誘いに自ら両手を差し出す行為も見られ、曲に合わせて、身体を動かすことで自然と楽しい気持ちで過す事が出来てよかったです。

 今後もこの様な機会を継続的に行なっていきたいと、利用者・PTを含めた職員一同思いました。

 

最後に講師の方に素晴らしいダンスレッスンの時間をありがとうございました。



五月晴れの中ディキャンプ

 5月19日、晴天の中年間行事のひとつのディキャンプを家族会と共催しました。

 今年のテーマは「中華・韓国~スタミナ一杯、元気で楽しいバーベキュー!~」で、家族会の協力でビビンバをはじめ各種アジア料理を味わいました。

 午後は自治会からのアイスクリームで涼しさを堪能し、風船すくいゲームに興じ1日を楽しみました。



今年も参加「つつじ祭」

 4月29・30日、今年もつつじ祭に出掛けました。

 初日の午後雷と突風に見舞われた以外は好天に恵まれてつつじ祭を楽しみました。

 今年は去年よりも人が多く、そのためつつじはしっかりと鑑賞することが出来ませんでしたが、祭に来ていた「いちみん」たちと思い出に残る記念写真を撮ることが出来ました。

 また法人内の事業所も自主製品などの店を出しており、各利用者あすかから異動した職員の姿を探しつつ出店にて焼きそば・田楽・団子等を買っておいしそうに食べていました。花を楽しむより食を楽しまれ、まさしく花より団子状態でした。



春の陽気にお散歩(理学療法士推薦)

 4月22日、午前の取り組みの時間に担当職員の機転によりディルームで過す利用者さんたちが、春らしい陽気の中散歩に出かけました。

 天候にも恵まれあすかの周りは菜の花が咲き、散歩には絶好の車がほとんど通らない道を2~3名ずつのグループ単位でおしゃべりをしながらの楽しい散歩となり、季節感あふれる取り組みとなりました。

 

※レギュラー外のニュースですが、参加した理学療法士の進言により掲載させていただきました。


なつかしい話に花が咲いた

 4月2日、新年度恒例行事の幕開けとして五条川へお花見に出かけました。

 桜の花はまだ早くつぼみ見と言った感じでしたが、「皆さんの期待は花より○○でしょう」という出発前の言葉通り食べ物の出店に目を輝かせるも、3分咲きでは人出も少なく屋台も開店休業で店の人も見当たらず探して買う状態でした。

 午前と午後の2グループに分かれあすかで留守番の方々もいて、各々出店の味を楽しみ留守番の方は出かける職員に頼むなどしてお花見気分を堪能しました。

 新年度の異動に伴い他施設からの異動・採用含めて新たに加わった職員3名のデビューの日でもあり、かつてあすかに在籍しカンバックした職員もいて、車中やあすか内でなつかしい話におおいに花が咲いて和気あいあいの1日になりました。



Dr.イエローを見て幸せ?(リニア鉄道館)

 3月28日、入所レジャー外出で「リニア鉄道館」へ出かけました。

 「Dr.イエロー特別展」も開催中でSLから新幹線0系をはじめ、現在運行中の700系までを中心にリニアモーターカーの試験車両までが展示してありました。

 地上の高さだけでなく駅のホームと同じ高さの台が設けてあり室内も入って見られるようになっていて、しかも階段の横にスロープが設けてあり車椅子でも自由に上がって見ることが出来、昼食にはほとんどの方がドクターイエローランチボックスを選び、車両のかたちをした容器を記念に持ち帰りました。

 iPadで写真を撮る利用者さんもいて絶好の機会とばかりに、特製コントローラーを駆使しシャッターを切るなど、写真などでしか見られない懐かしい車両からリニア試験車まで鉄道車両の過去から未来までを見て楽しい1日を過しました。



迫力あるライブ(自治会企画)

 3月18日、午後の取り組みの時間に「自治会企画」としてライブを行ないました。

 これまで2~3回法人内の事業所「だいち」の職員2名が来所してライブを開催していたのがあすかの利用者たちに好評で、3月の「自治会企画」としてお願いし実現しました。

 急なお願いで「だいち」職員1名での機器も含めてコンパクトなライブとなりましたが、演奏者および大半の参加者の年代に共感する懐かしい曲が多く、自然に口ずさみカラオケ大会と化し、あっという間にラストの曲「世界に一つだけの花」でしめくくりとなりました。

 「だいち」の職員持ち前のトーク力で十分に盛り上がり、あすかの利用者にとって楽しいひと時となりました。

 最後になりましたが演奏に来所して下さった「だいち」の職員の方に心からお礼申し上げます。



さわやかドリンク作りを体験(レジャー外出)

 3月13日、入所レジャー外出で明治乳業の工場見学に出かけました。

 工場では動いてないレーンもあり見学には残念な面もありましたが、工場見学のメインイベントとも言える体験コーナーで牛乳にレモン酢とシロップを混ぜて、「レモン風ラッシードリンク」と言うドリンク作りにチャレンジしました。

 混ぜ方にコツがあり、ゆっくり均一にかき混ぜてストローを挿しても倒れないぐらいトロットして来たら出来上がりで、さわやかで飲みやすく皆おいしく飲みました。

 昼食は外でとり、環境が変わったせいかおいしく食べて気分転換にもなり良い1日になりました。



楽しくて大興奮!(各務原イオン)

 3月7日、入所レジャー外出で各務原イオンに出かけました。

 外出が決まった時から楽しみにしてテンションを上げて待ちこがれ、イオンに到着したときはもう興奮が最高潮に!

 そして各々考えていた物を探してモール内を散策、昼食はフードコートで好きなメニューを選び、ごちそうを存分に満喫しました。

 お腹を満たした後は上がりすぎたテンションを気づかい予定を繰上げ早めに帰所、普段とは違うモールの雰囲気を楽しみながら微笑ましく買い物が出来た1日でした。




お店とは違う新鮮さ!(イチゴ狩り②)

 2月28日レジャー外出に出掛けました、目的は「いちご狩り」あすかは毎年お世話になっている澤田農園さん。

 広いハウスに案内されると目に飛び込んできたのは一面に広がったたくさんのいちご、普段は細かく刻まないと上手く食べられない人も、いちごがやわらかいから丸ごとパクリ!あっという間にヘタ入れの容器が満タンになっていました。取れたてのいちごはお店で売っているのとは全く味が違い、なによりやわらかく同行の職員もたくさん食べていました。

 いちご狩りが終わり、次はイオンモール常滑へ移動。こちらで昼食と、欲しい物がある人たちは買い物をしました。昼食はフードコートで好きな物を注文し、いちご食べ過ぎてみな控えめな感じで、買い物ではそれぞれ欲しい物を探して店内散策、お菓子を買う方から液晶テレビを買う人もいて最後にイオンモール常滑のシンボル、招き猫のステッカーを皆さん購入し、車いすや手押し車に貼っていました。

 充実した一日にみな満足し、同行した職員たちも楽しい一日でした。


動物とのふれ合い体験!(IPCわんわん動物園)

 2月24日に入所レジャー外出で、岡崎市にあるIPCわんわん動物園に出掛けてきました、風が強い日でしたが見事な快晴で天候にも恵まれました。

 ある利用者は行く前からウキウキとしていてとても楽しみにしていて、いざ到着して犬を見つけると嬉しさのあまり車椅子から降りて触りに行き、また屋内にふれあい広場があるとスタッフの方に案内され向い、車椅子から降りベンチに座ると人懐っこい犬たちが寄ってきました。

 膝に乗ってきてビックリする方やいっぱい触って嬉しそうにする人もいて、見ているこちらも楽しくなり、帰りに刈谷サービスエリアに寄って昼食をとり、大きなオムライスを口いっぱいに頬張っていました。

 犬とのふれ合いなどあすかでは味わうことの出来ない、貴重な体験が出来たのではないのかなと思います。



イチゴの色が視える?(イチゴ狩り①)

 2月13日、好天に恵まれ入所レジャー外出でイチゴ狩りに行ってきました。

 行きの車の中では、何個くらいイチゴを食べたことがある?の話で盛り上がり、澤田農園に到着すると、温かいビニールハウスの中へ向かい、目の前には赤くなった美味しそうなイチゴがたくさん生っていて、イチゴの棚の高さは2段にしてあり車椅子の人も楽しむことができ、目の不自由な人が手を伸ばしたくさんある中からちゃんと赤くなったイチゴを選ぶので驚かされながらも、卵より大きい粒のイチゴを見つけると「大粒のあった!」「えっ、どれどれ?」とか、「甘いねぇ」「美味しいねぇ」と棚を越えて会話が飛び交いました。

 みんな一緒に、イチゴの美味しさに自然と笑顔にもなり、水々しく新鮮で甘いイチゴは、いくら食べても手が止まらずあっという間に時間になり、「これで最後ね」と、たくさん食べて休憩していた人も最後の一口まで満喫し、美味しかったイチゴに後ろ髪を引かれつつも、農園を後にしました。

 大府サービスエリアに到着すると「お腹いっぱいでごはん食べられないかも…」と会話をしていたのが、「意外と食べられるかも?」とイチゴで満たされたはずのお腹はどこへ行ってしまったのか、たくさんあるメニューの中から好きなものを選んで、いつもとは違う外出の雰囲気を味わいながら食べ、途中で体調を崩す人も出ず、終始とても楽しい外出でした。


自分へのチョコ購入(入所レジャー外出)

 2月7日、入所レジャー外出で「mozoワンダーシティ」へ行ってきました。

 モール内は平日ということもあり全体的にゆったりとしていて、フードコートでの昼食も食べたいメニューを選び時間を気にせず普段あすかではしない話しもしながら取ることが出来ました。

 お腹を満たした後はいよいよ買い物へ、何日も前から上げていたテンションがたくさん並んだお店を見てMAX(!) に、時期的にバレンタインが近く自分へのご褒美としてチョコレート等を購入しました。

 帰りの車内では上げすぎたテンションの疲れと、買い物の満足感でウトウトムードでしたが、あすか内とは違う環境の中で時間を過し、良い気分転換になりました。

 



暖かく幸先の良い門出(初詣)

 1月2日に、あすかでお正月を過す利用者が真清田神社へ初詣に行きました。

 天候にも恵まれ多勢の参拝の方々の中を掻き分け、お賽銭をあげてお参りをしたり、おみくじで今年の運勢を占ったり、美味しい食べ物の出店に一目散で買い食いを満喫していました。

 体調が優れず参加出来ない利用者もいましたが、その人たちの分まで健康と今年が良い一年になるようお祈りしました。